北海道の女性の方向性北海道の取組

平成29年度北の輝く女性活躍推進事業について

  北海道では、女性の活躍による本道の経済活性化や魅力ある地域社会の実現を目指し、オール北海道で女性の活躍を応援する取組を進めており、平成29年度は次の事業を実施することとしています。

①女性の活躍支援センター(総合相談体制)リニューアル
【事業概要】
これまでの取組に加え、ロールモデル人材を活用した講師等の紹介、メンター制度の導入など女性の活躍を間接的に支援する機能を強化し、総合的な支援から女性の活躍を支援。

②「北の輝く女性応援会議」の機能強化等
【事業概要】
これまでの北の輝く女性応援会議の取組に加え、企業や団体等への積極的な啓発、ワーキング・プロジェクトチーム設置、北の輝く女性応援会議協力事業の拡大を行う。

③次代を担う女性農業者の活躍サポート
【事業概要】
女性農業者の育成や農業で新たなチャレンジを行う女性の取組を促進し、農業・農村の活性化につながる女性の経営・社会参画を推進。

 

【事業目標・KPI】

区分 目標・KPI 目標値
(時点)
現状値
(時点)
【事業全体】
北の輝く女性活躍推進事業

平成32年度まで(国の第4次男女共同参画基本計画期間中)の中長期目標

平成31年度までに25歳~34歳女性の就業率を全国平均以上 全国平均以上
(H31)
70.60%
(H27)

市町村の取組状況に関する目標

市町村男女共同参画基本計画の策定数を市部100%、町村部70%以上 市部35
町村部101
(H32)
市部28
町村部14
(H27)
①女性の活躍支援センター(総合相談体制)リニューアル

事業目標

女性活躍支援センター利用者満足度 95%
(H29)
メンター人材数

100名
(H29)

②「北の女性応援会議」の機能強化等  事業目標 北の輝く女性応援会議開催数 1回
(H29)
リレー応援メッセージ発出数 20件
(H29)
③次代を担う女性農業者の活躍サポート 事業目標 検討会の実施回数 8回
(H29)
女性農業者グループの設立数 12組織
(H31)
事業KPI 女性農業従事者(30代以下の割合) 6.0%
(H27)
女性農業者グループ数 436組織
(H25)
※本事業は内閣府の地域女性活躍推進交付金を活用しており、実施要領第5(1)②において、実行ある事業を担保するため、KPI及び定量的成果目標を設定し公表することとされています。