北海道の女性の方向性北海道の取組

女性の活躍を応援するリンケージメッセージ

北の輝く女性応援会議では、北海道内に女性活躍の気運が広がるようリンケージメッセージを募集しています。皆様から応募いただいた多様なメッセージはこのページで公表しています。ご覧になりたいメッセージをクリックしてください。
※メッセージの応募についてはこちら


新しいメッセージを公表しました
No.15 働く女性へ 匿名 H30.7.31
photo

私は、看護職として就職してからずっと働き続けて、その間、結婚をし、子供を3人産み育て、数度の転勤もしました。同じように頑張ってきた仲間もたくさんいます。無事過ごせてきた要因は、自身の心身の健康と夫の協力、保育園や学童保育所、子どもの塾、家事支援など多くの関係者や職場の好意、そして友人達の支えなど、どれも欠かせないものでした。自分の職業へのこだわりも、芯となっていたと思います。

働きながら、家庭生活を維持していくことは決して楽ではありませんが、苦労を乗り越えた充実感も得られ、協力しあった人たちとの心の交流も財産となっています。これは、時代を超えても変わらないと思いますので、働く女性の皆さん、しなやかに、豊かに頑張りましょう。

No.16 社会一般へ つくしダイバシティ~ず H30.7.31
logo

私たち「つくしダイバシティ~ず」は、北海道環境生活部新規採用職員8名で構成された、持続可能な社会づくりの実現に向けてSDGsの観点から、「環境」「経済」「社会」の同時解決を目指すチームです!

※SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

SDGsのゴールの一つとして掲げられている重要な目標に「ジェンダー平等を実現しよう」というものがあります。SDGsはそのどれもが密接に関係していますので、ジェンダー平等に近づくことで、ほかの目標もどんどん達成へと近づいていくことができます。ジェンダー平等というものの根底には人間の内面が大きく関わっていて、形として残りにくく手をつけにくいように思われるかもしれません。しかし逆に言うと心がけ一つで、大きな違いを生み出す最初のステップになるポテンシャルを秘めていると思います。

皆がこの日本で、この北海道で永く幸せに暮らしていけるように、まずは小さな一歩を踏み出しませんか?


すでに公表しているメッセージはこちら
No.1 農業に従事する女性へ なかむらエプロン倶楽部 H30.3.30
photo

地域振興を目的として、明治開拓時代からつづく郷土料理「とりめし」を商品化しました。

地元産の米を主に、弁当としての販売と釜ごと宅配する「釜宅」のほか、とりめしの素と地元産米を同梱した炊き込みセットなど、新商品の開発にも取り組んでいます。

農業に従事する女性グループが始めた活動も20年を迎えるまでになり、地域や関係機関の協力を得て、平成28年には法人の設立もでき、今後も衛生管理の 徹底、人材確保と育成を行い、地域振興に役立つよう頑張ってゆきます。

集まって、楽しく話して、行動を起こせば、地元の良いところが見つかるはず、地元の良さを広く知ってもらえるよう、お互いに頑張りましょう。

No.2 働く女性へ Y.M(札幌市) H30.3.30

私が就職したのは、男女雇用機会均等法が華々しく謳われた年でしたが、それでも女子学生にとっては厳しい時代でした。それまで男女差別を感じることは少なかったのですが、就職に際して、社会には「男女差」があるということをはっきり認識しました。当時は女性にだけお茶当番や掃除当番がある時代でした。

また、同期の男性と違い仕事は管理的なものが多く、これでキャリアアップにつながるのか不安を覚えたこともありました。それでも時代は少しずつ変化して、気がつくと30数年が経った今、それなりになったかな。

これからは女性の活躍が大いに求められる時代、若い女性たちが活発に発言したり、活き活きと仕事をしている姿を見て頼もしく感じています。自分が望む生き方がより可能となる社会がすぐそこまで来ています。それまで私ももうひと頑張り。皆さん、一緒に前に一歩進みましょう。

ただ残念なのは、家庭内での平等参画が一向に進まず、我が家では社会の波に乗り遅れていることです。

No.3 社会一般へ H.T(小樽市) H30.3.30

「女性の活躍」という言葉は数年前から、耳にしたように思います。はじめは少々、違和感がありました。自分自身長く職場勤めを経て、「活躍したい・しよう」と考えたことなど一度もなかったからです。

道庁のHPで様々な女性の方々を紹介する記事を拝見しています。皆さん素敵ですね。

そのうち、違和感を感じていた「活躍」というフレーズが妙に落ち着いた、いわゆる「心におちた」ことに気がつきました。「活躍」とは、自分が必要とされている場所で、自分ができることをすること、なのかな・・と。

世の中には、自信を持てなかったり、存在意義を見いだせなかったり、どう生きていいか悩んだり、そんな方々が多く、います。応援メッセージとはおこがましいのですが、沢山の方々に、「自分は必要とされている」と信じて欲しい、そして、その中で精一杯、頑張って欲しい、頑張ろうね!とお伝えしたいと、拙い文章ではありますが、書かせていただきました。

No.4 子育て・介護中の女性へ F(札幌市) H30.3.30

育児中のあなた、家族を介護中のあなた。日々の生活で、頑張れば頑張るほどあなたの中で大きくなっていくきれい事ではすまない現実・・「仕事していた頃は頑張れば誰かが認めてくれ褒めてもくれた・・でも今は頑張っても誰も認めてくれないしわかってくれない・・」そんな思いが心に溢れて孤独感と疎外感にどんどん包み込まれていく毎日。「自分の選んだ道、頑張って!」なんて聞きたくない・・そうだよね、わかるよ、本当によくわかる、だって私も同じだったから・・。だから経験者からのちょっとだけメッセージです。

誰も認めてくれないなら自分で「私は最高に頑張っているぞ!」と大声で認め褒めちゃいましょう!そして顔を上げアンテナを立てて、頑張らない育児・介護をめざしてみませんか?今はいろいろなサービスがあるはずです、それをフル活用して力を抜き笑顔になりましょう。あなたは一人じゃない、わかってくれる人や助けてくれる人はたくさんいます!今、あなたが過ごしている時間は経験値として、これから同じ思いをする人の導となるはずです。

大丈夫!あなたならできる!できるよ!

No.5 社会一般へ 北海道 H30.3.30
logo

私が所属する女性支援室は男女比がほぼ半々であり、男女の意見がうまく反映できているのではないかと思います。

私自身は、平成27年度より女性の活躍推進を担当し、道内に女性活躍推進の気運を醸成するための各種取組(詳しくはhttp://www.l-north.jp/katsuyaku/)を進めていますが、目に見えない気運というものを作ることに難しさを感じることもあります。

個人としては、できるだけ家事や育児に関っていこうという思いがありますが、どうしてもお手伝い感が出てしまうようなので・・・当たり前のことですがもっと自分自身のこととして、積極的に取り組むことで、家事や育児に追われる妻が夢や目標を持って生活できるようにと思います。

No.6 社会一般へ 北海道経済連合会 H30.4.27
logo

北海道では人口減少、過疎化が急速に進み、地域経済の活力低下などの深刻な問題に直面しています。従って、私たちには、大切な役割として、活力ある「北海道」を次世代に引き継いでいくことがあると考えています。

人口減少に立ち向かうために、「北海道」を老若男女が分け隔てなく生き生きと活躍できる社会にしなければならないと思います。中でも、女性が、様々な分野で男性と平等に力を発揮できることが、活力ある「北海道」を維持するための強力な支えになると思います。

北海道経済連合会は、企業の中で、女性が結婚や出産後も働き続けられる職場環境、そしてパートナーの男性も育児を担い、また十分に支えることが出来る職場風土の醸成に努めていきます。女性も男性も、出産と育児、そして仕事を、安心して楽しむことができる「北海道」を実現しましょう。

No.7 上司の皆さんへ S.T H30.4.27

女性の部下が子育て中で休みがちの上、残業もさせられず、周囲のサポートにも限界があり厳しいという状況は、逆に、男性も含めて職場全体の働き方を変えるチャンスです。

本人にとっても組織にとっても「仕事」は大切ですが、組織の大切なメンバーである女性(男性も)の職業人生を、「子育て」というもう一つの大切なことで諦めさせない、そういう職場に変革することが今の時代の上司の役割です。私も上司の一人として職場の働き方を見直します。上司の皆さんもがんばりましょう。

No.8 働く女性へ H.S(札幌市) H30.4.27

私は今年度から社会人としての一歩目を踏み出しました。

まだできないこと、わからないことばかりですが、一人前の社会人へと一つ一つ歩を進めていきたいです。5年後10年後に、私含め成長した若手がそれぞれの持ち味を発揮しながら働けることを願っています。

男性も女性も一緒に頑張っていきましょう!

No.9 社会一般へ 北海道商工会連合会 H30.5.31
logo

一般に企業活動における経営資源は、「人・物・金・情報」と言われ、これらの資源を適正に配分し有効活用することで経営力が高められるものであり、資源を持っているだけでは成長することが出来ません。

中でも人的資源の位置づけは特に重要であり、人手不足へ対応した人材確保はもとより、人が持つ高い技術力やノウハウなども、情報資源の一部であるとも言われています。

このため、企業がより成長するためには、多様な視点やセンス・価値観などを持った人材の活用が必要であり、経営戦略としての女性の活躍推進が求められていると思います。

No.10 働く女性へ 匿名(札幌市) H30.5.31

私は家族が病気になったとき等これまで何度か退職することを考えましたが、そのたびに当時の上司と同僚に助けられて仕事を続けることができました。本当に感謝しています。

当時は助けてもらうことばかりで非常に心苦しかったのですが、今では、働き続けていれば、自分もいつかは誰かを助ける側になることもあるかもしれないと思うようになりました。

私たちのあとに続く世代がもっともっと働きやすくなるように一緒にがんばりましょう

No.11 女性応援展をみて 匿名 H30.6.29

頑張っている人に「ガンバッて!」と言ってはいけない、それはお約束?でしょうか?

しかし、今日、小さな一歩をがんばってふみ出している女性達の気負いのない笑顔に、率直に伝えます

「がんばって!!」

No.12 社会一般へ 匿名 H30.6.29

未だに夫の親の介護は妻任せなのでしょうか?

自分の親の面倒は自分で見る、という考えが普遍的になってほしいです。

No.13 専業主婦の方へ 匿名 H30.6.29

24時間働いていて、すごいと思います。

時には、家族や家事のことを忘れて自分の時間も大切にして下さい。応援しています。

No.14 介護中の女性へ 匿名 H30.6.29

がんばって下さい。

よりよい社会になるよう、自分に何が出来るのか考えていきます。