2

道央

株式会社 ダイナックス

活き活きと働く女性とともに世界水準のブランド企業へ

「未来を今に」という企業スピリットをベースに1973年に創業。独自の技術力を創造することで、世界の先進企業との競争に打ち勝ち、国内シェア1位、世界シェア2位を確保する世界水準の企業に成長した。2014年には経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」にも選定された。

応援企業

印刷用PDF

きっかけ
 女性は貴重な戦力です。「女性だから」という考えはありません。出産や子育てで退社してしまうことは会社にとって大きな損失です。2002年には本社敷地内に保育園の「ダイナックスこどもくらぶ」を開設し、仕事と育児の両立をサポートしています。保育園開設は、当時の社長の判断。当時、道内ではこのような取り組みはありませんでした。トップのポリシーは「人と同じことをやるな」でした。この考えの一端が保育園の開設・運営にも現れています。
苦労
 女性技術者はまだ若い世代が中心で、これから結婚や出産、育児を経験する方が出てくると思います。こうした方たちに加え、新しく入ってくる方たちが、楽しく働き続けるためにはどのようなキャリアプランを示せば良いのか、処遇や教育などをしっかりと考え、実施しなければなりません。また、苫小牧市にも工場を持っていますが、ここには保育園はありません。一般の保育園は満員でなかなか入れず、千歳市と苫小牧市のバランスをどのようにとるかが課題です。
満足度
 保育園だけではなく、法定を上回る短時間勤務制度、所定労働の制限、フレックスタイム制、夜間の交代制免除など、柔軟な勤務制度を導入し、利用されています。我々の仕事はものづくりです。ものづくりの技術は、一朝一夕には育ちません。長く働いてもらい、技術を磨き、次世代に伝えてこそ、世界水準の技術が継承されます。制度の充実と、それを利用しやすい職場環境、そしてハード面での保育園の存在があることで、能力のある女性の力を存分に発揮してもらっています。
これから
 11月開催された ビジネスEXPOでは、今回はじめて「ものづくりなでしこ」ゾーンが設けられ、当社も出展しました。お話しした学生さんからは「ものづくりに対するイメージが変わった」という反応もありました。千歳市や苫小牧市の高校などに出前講座に行っていますが、生徒の方と実際に話すと、会社の取り組みをわかりやすく伝えることができて、その後会社を訪ねてきた生徒もいます。さまざまな取り組みや行事に参加して、人を大切にする当社をアピールし、優秀な人材を確保していきたいですね。
  • msg_detail_ph_shinnittetsu2
  • msg_detail_ph_shinnittetsu3

北の☆女性たちへのメッセージ

ものづくりは「男性」、というイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。女性が持つ感性や積極性は、ものづくりの場で十分に発揮できます。当社も将来を託せる企業としてさまざまな取り組みを進めています。ぜひあなたも私たちと一緒に「ものづくり」しませんか。

取材年月日:
2015年12月16日