139

道東

Kira Kira(旧ねむろ☆きらきらママフェス実行委員会) 代表 福田 あゆみ さん【根室市】

ママが女性として輝き、笑顔で明るい根室に

1985年生まれ、根室市出身。根室市内のアパレル関係の店でインターネットショップを担当、結婚を機に退職し2児を出産。2015年に「ねむろ☆きらきらママフェス実行委員会(現在の「Kira Kira」)」を設立。パート勤務や実家の旅館手伝い等、仕事と両立している。

※写真:(左から)福田さん、長女、次女

印刷用PDF

きっかけ
 「ねむろ☆きらきらママフェス実行委員会」を立ち上げた当時は、根室市内に育児中のママを対象としたイベントがありませんでした。私も育児中であり、育児に追われ社会から孤立したような女性や、交流が少なく交流の場を増やそうとしている女性、家事・育児・仕事等で心身共に疲れている女性に癒しを提供したいと思いました。ないものは自分で作ろう!と考え、賛同してくれる仲間を集めて、イベントを開催すべく実行委員会を立ち上げました。「何もなくてつまらない」と嘆いていても何も変わらないので、自分ができることは積極的にやっていきたいと思ったのです。

 

苦労
 イベントは、男女共同参画体験型講座に始まり、骨盤体操、ベビーヨガ、肌診断、ハンドマッサージ等、子育てママのための癒し体験コーナーを設置。託児も設け、全て無料で提供しました。一番苦労したのは費用面です。メンバーで出し合える金額も限られていますので、サービスをご提供いただいた方々には、ほぼボランティアとしてご協力いただいた形です。今後の活動においても、費用面は課題ですね。あと、メンバーとスタッフは、子育て中・仕事中の女性でしたので、時間のやりくりも大変でした。

 

満足度
 イベントのテーマは「ママが女性として輝ける」として、子育て中の女性を心身ともに癒すことで笑顔がもっと増え、ママの笑顔を出発点に根室を明るくしていきたいと考えました。アンケート結果では、癒し体験コーナーの参加者から「こんなイベントを待ち望んでいた」「またやってほしい」等、満足感のある感想が多く寄せられました。また、男女共同参画体験講座の参加者の半数は男性で、関心の高さが伺えました。さらに、根室市の保育士の方と託児ボランティアの方の活動のご縁がつながるなど、参加者同士の交流が多くあり、充実感・達成感のあるイベントになりました。
これから
 現在、私はシングルマザーとなり、メンバーの数人も出産するなどライフイベントが重なったため、イベントは実施していません。しかし、自分たちのできることを少しずつやっていきたいと思い、フェイスブックで根室市内の子育て情報等を発信しています。イベントもまた開催したいと企画を練っており、小規模でも開催回数を増やすなど工夫して、根室市民の方々に楽しんでいただけるようにしたいです。根室市という小さなまちですが、周囲の方々の支えや人の温かみに感謝しながら、これからも活動を続けていきたいです。

 

  • 福田さんイメージ1
  • 福田さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

  私自身、何かに自信があった訳ではありませんが、自分の目的さえハッキリしていればおのずと良い方向に向かっていくと思います。そして、つまずきそうになってもぶれない心が大事です。毎日の生活に追われ余裕がない時もありますが、日々勉強、諦めず頑張りましょう!

取材年月日:
2017年10月13日