123

オホーツク

株式会社マイスター 代表取締役、専務取締役 伊藤 緑 さん・伊藤 早織 さん【遠軽町】

母と娘で起業!遠軽町の食材を活かした化粧品づくり

緑さん(1948年生まれ)、早織さん(1973年生まれ)親子はともに遠軽町(緑さんは旧丸瀬布町)出身。早織さんは東京都内の大手化粧品メーカーで商品企画、マーケティング業務に長年従事。その経験を活かし2005年、緑さんと「株式会社マイスター」を遠軽町で創業。

※写真:(左から)緑さん、早織さん

印刷用PDF

きっかけ
 起業以前の私(早織さん)は、東京都内の化粧品業界で長年働いてきました。販売を経て商品企画やマーケティング業務に携わり、仕事にやりがいを感じていました。ただ、30歳を目前にしてキャリアアップか独立かで悩んだ末、独立することを決意。「経験や強みを生かし、地元遠軽町の食材を原料にした化粧品開発」へ魅力を感じ、北海道へUターンしました。地方で創業するのは難しい業種ですが、「まだまだ地域の魅力は知られていない―」このこともストーリーを掘り下げ、他社との差別化を図れるチャンスだと、前向きに考えました。そして母と一緒に遠軽町発の化粧品メーカーを立ち上げました。
苦労
 ゼロからはじめた会社なので、大変なのは当たり前と考えるクセがついているようで、苦労だと感じる事は少ないです。ただ、道内でも地方発の化粧品メーカーは当時珍しく、企業を理解してもらい、商品への信頼と協力者を得るのに時間がかかりました。東京都にいた頃は当たり前のように多くの情報が入ってきましたが、今はさらに積極的に情報を求める姿勢が必要だと感じています。そして様々な価値観やニーズに柔軟に対応することを心がけています。母は、遠軽町商工会議所での活動も行っているので、そのネットワークを活かし、地域とのパイプ役としてのサポートもお願いしています。
満足度
 地元の良質なハチミツを配合した入浴剤とボディソープの2品からスタートした主力商品「ピュアハニーシリーズ」に加え、枝豆やアスパラを使った「フォレストシリーズ」も加わり、現在商品は20種類ほどになりました。ユーザーも道内をはじめ全国に広がり、2016年10月、遠軽に直営店をオープンしました。これも私たちの商品を信頼して愛用して下さるお客様のおかげだと感謝しています。化粧品の仕事は大好きですが、会社が動けば常に課題が生まれるため、満足することはありません。しかしそれは新たなことに挑戦し続けているからこそだとも感じます。自身は大変ですが、会社としてはとても幸せなことです。
これから
 今年で創業12周年を迎えます。昨年地元に店舗を構えたことで、私達の世界観をお伝えできる新たな要素が加わったと思います。今後は地元の企業として地域の価値を増やすべく、豊かな自然を活かした「マイスターの森」をつくるのが夢です。お客様を森へご案内して、商品が生まれる風土をリアルに感じていただきたい。町に足を運んでもらい、商品だけではなく地域のファンになってもらえるよう、土地の魅力を発信し価値を高める活動を続けたいです。ひいてはそれがブランド力の強化へとつながると信じています。より多くの方に北海道生まれの化粧品を広げていくため、近い将来に関東エリアにも店舗をオープンさせていきたいです。
  • 伊藤さんイメージ1
  • 伊藤さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

性別や世代に関係なく、どうしてもやりたい事は止められてもチャレンジしたくなるものだと思います。夢は、見ることより見続けることの方が圧倒的に難しいですが、「情熱のたね」を見つけたら大切に育て、開花するのを想像しながら、日々の生活を大切に送ってみてください!

取材年月日:
2017年7月27日
(専務の早織さんを中心にお話をお伺いしました)