83

道南

1級建築士、レジデンシャルオーガナイザー 岩崎 美乃 さん 【七飯町】

自分に合う片付けや暮らし方の仕組みを作り「ごきげんな家」に

1961年生まれ、七飯町出身。函館工業高校建築科を卒業後、埼玉県の建築積算事務所を経て七飯町に戻り、1985年に結婚。実家の建設業を手伝いながら1級建築士、宅地建物取引主任者を取得。2009年に認定講師の資格マスターライフオーガナイザーを取得。

印刷用PDF

きっかけ
 実家の建設業で住宅の設計をしていましたが、仕事では施主様に褒められても、自宅では思ったように片付かないことが気になっていました。その頃、ちょうど「日本ライフオーガナイザー協会」が設立されました。アメリカ発の片づけ術で、自分を知ることや思考を整理し仕組み化して暮らしがラクになることに興味を持ち、マスターライフオーガナイザーの資格を取得しました。今までの片づけ方は自分には合わないやり方で、それをずっと続けていたことを知りました。その後、間取りやインテリア等の住宅関係分野のレジデンシャルオーガナイザーも取得しました。
苦労
 ライフオーガナイザーは、単純に「不要な物は捨ててすっきりと片付ける」ということではなく、まずお客様自身のことを知り、思考を整理し、お客様に合った片付けの仕組みを作ります。この「思考の整理」は、片付けだけではなく日々の暮らしのこと、育児のこと、防災のこと等、生きること全般に活用することができます。一番苦労していることは、ライフオーガナイザーという仕事の認知度が低いことです。これから、札幌市だけでなく各地域でも講座を開催して、広く普及させていきたいと考えています。
満足度
 お客様に喜んでいただき、「どうして自分が片付けられなかったのかわかった!」と言っていただけると、本当に嬉しいです。片付けられない原因は、モノの整理だけではなく、人間関係や心の悩み等もあり、お客様の話をじっくり聞くことでわかってきます。私は、「思考の整理」をして片付けの仕組みを作る時に、お客様にはこの部屋で何がしたいかという夢を描いてもらいます。自分が家に合わせるのではなく、家を自分に合わせるのです。なりたい自分になれるような仕組みを作って、「ごきげんな家」にするお手伝いをしていきたいです。
これから
 ライフオーガナイザーのことを多くの方に知っていただきたいです!建築業界でもこの仕組みを広めて、住まいや町並みに生かすことで社会貢献したい、そして地元を盛り上げていきたいと思っています。2010年からライフオーガナイザー認定講座を実施し、現在北海道では札幌9期、受講者は90人以上になり、札幌市以外にも函館市、旭川市、北見市、網走市、帯広市など全道各地にプロの資格者が増えています。ライフオーガナイズの仕組みを知ることで、みんなが笑顔で快適に過ごせるようになるので、これからも多くの人に伝えていきたいです。
  • 岩崎さんイメージ1
  • 岩崎さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

うまくできない自分でも、ありのままのあなたでいいの、そのままのあなたで十分素敵です。うまくいかない時は私に相談してもらえたら、一緒に考えて一緒に歩んで行きます。色々な分野のオーガナイザーがいるので、ぜひ相談してください。

取材年月日:
2016年10月28日