60

道央

農学博士、アテリオ・バイオ株式会社 取締役・主任研究員 南田 公子 さん 【小樽市】

「腸内細菌の語り部」を目指して、夢は全国全世界行脚です!

1962年生まれ、札幌市出身。1985年3月、北海道大学農学部農芸化学科応用菌学教室卒業。食品会社勤務、講師を経て、38歳で研究の道へ進み43歳で学位取得。アテリオ・バイオ㈱設立に参画。「ライラック乳酸菌シリーズ」を開発。うち5製品は北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDO)に認定され、ドクターリラ子として、ブログ、クックパッド、YouTubeなどで活動中。

印刷用PDF

きっかけ
 子供のころからおなかが弱く、常に下痢やおならの悩みがありました。大人になってからの検査で乳製品アレルギーとわかり、乳製品をやめたとたんに下痢は治りましたが、今度は便秘になり、困っていました。ちょうどその時に行っていたオカラの研究で、ライラックの花からみつけた乳酸菌を自分で培養して食べたところ、今まで飲んだどの薬よりもおなかの調子がよくなり、周囲に配っても好評だったので、一緒にオカラの研究をしていた社長と、乳酸菌を製造・販売する会社を設立しました。
苦労
 ライラックの花からみつけた乳酸菌は有胞子性乳酸菌という種類で、胞子(芽胞)を作らせるのが難しい上に、乳製品アレルギーの自分でも食べられるように植物性(大豆)にこだわったために、乳酸菌の培養の検討に時間がかかりました。検討後は、乳酸菌の培養などの製造を外注しようとしましたが、強い乳酸菌だったために、日本中の培養会社から断られました。結局は培養タンクを探して、自分達で製造を始めました。販売も外注せずに、ネットショップをつくるなど、何から何まで自分達で一から立ち上げたことです。
満足度
 体にすっとなじむ、今までにはない体感性のいい乳酸菌製品を開発して、無我夢中で製造・販売までしてしまいました。自分たちのおなかの調子もよくなり、知人・友人から、「調子よくなったよ!」と言われ、さらにお客様から直接電話やメールなどで具体的に調子がよくなったお話を伺うと、やはり非常に嬉しく、研究だけでは得られない満足感があります。最近は、「腸内細菌の語り部」として腸内細菌についての講演活動も始めましたが、みなさんが楽しんで聴いてくださるのも非常に嬉しく、全国全世界行脚の旅に行こうともくろんでいます(笑)。
これから
 臨床試験を行い、北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDO)の認証も受けましたが、まだまだ選べる乳酸菌シリーズ「ライラック乳酸菌」の認知度は低いので、宣伝も兼ねて、腸内細菌の研究者だから知っていることを、ブログやフェイスブックなどのSNSを利用して発信しています。今では、北海道だけではなく、沖縄やドイツからもメッセージをいただいています。今後も、腸内細菌と共に生きるための食事や研究者だから知っている情報等の発信や、楽しくわかりやすい講演など、お役に立てる活動を行いたいと考えています。
  • 南田さんイメージ1
  • 南田さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

私の場合、その時に与えられたことを「自分にはできない」と諦めずに、一生懸命していたら、道が拓けました。やりたいと思ったことはやれるようです。まずは、「初めの一歩」を踏み出してみませんか?「ミッション ポッシブル」ですよ~♪

取材年月日:
2016年8月8日