92

道北

ムーンライトレディース 代表 村上 京子 さん 【鷹栖町】

愛する犬たちと心の底からの感動を

1962年生まれ、東京都出身。九州産業大学(福岡県)卒業後、旭川市内の家具メーカーに就職。退職後2級建築士の資格を取得し、地元工務店を経て数年後に独立。仕事で出会ったカナダ人のダニエル氏と結婚後、1995年に鷹栖町へ。2004年から犬ぞり体験の提供を始め、年平均約400人程度の来客数で定着。

印刷用PDF

きっかけ
 知り合いからハスキー犬の子犬を引き取ったことが始まりでした。友人から「ハスキー犬がいるなら一緒に犬ぞりを習わせに行こう」と誘われ、知人の犬ぞり経験者の所で初めて犬ぞりを体験。うまく操れず転倒ばかりだったけれど、衝撃的に楽しく「これをずっとやっていきたい!」と思いました。その後、アラスカンハスキー犬3頭を譲り受け、全てメスだったので、夫がチーム名を「ムーンライトレディース」と名付けました。現在は、その当時の犬たちの子供達も一緒に、家族チームで体験を提供しています。

 

苦労
 雪に閉ざされる冬を楽しく暮らす為の私と夫の共通の趣味として始めましたが、やがてその楽しさを伝えたいという思いから犬ぞり体験を始めました。定着するなど全く思いもしませんでしたが、年数を重ねお陰様で多くの人に予約を頂けるようになリました。今は、私も夫も犬達も体力と健康を維持していく事が欠かせません。365日犬達と向き合い犬達の個性、年齢、能力など様々なことに配慮してチームを作るのが私の役目ですが、美しい雪の中、命輝く皆とソリを走らせる時や、喜んでくださるお客さんの存在など、続けていこうと思わせる魅力が、犬ぞりにはあると思います。
満足度
 これまでの海外のお客様の口コミが影響して、お客様の大半が外国からのお客様になっています。暖かい国の方々が、おそらく人生で一度きりになるかもしれない、実際見たこともない犬ぞりを体験する為に遠路はるばる来てくださって、心の底からの感動を味わってくださることは驚きでもあり、一番のやりがいでもあります。また、犬たちの成長を見ることも喜びの一つです。人より短い命の中で、一生懸命練習してソリ犬になって、彼らが生き生きと輝き愛される喜びを感じていることは、私にとって自己満足ではありますが、幸せで価値のあることだと思っています。
これから
 私達は、現在のような犬ぞり体験を事業として将来を展望できるような状況からスタートしたわけではありません。ようやくその可能性を感じる今は、この提供規模を自らが維持できる時間が短いというのが現実です。犬ぞりは環境に依存する側面が大きくその意味で立地の選択肢が限られます。また平均10歳で引退し15年の寿命である犬達の引退後の暮らしと幸せに責任があります。そのバランスをとりながら無理なく存続していける規模を模索しています。またこれまで小さく継続してきた生産活動や、冬のリクエストをそれ以外の季節に結びつける工夫など、工夫できる未来はまだまだあるなぁという思いです。
  • 村上さんイメージ1
  • 村上さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

華々しく成功してカッコイイ人たちだけに価値があるわけではありません。たとえ目立たなくても、その人らしくやってきた時間に価値があるのです。女性は、豊かな感性で価値を生み出せます。自分の魂を喜ばせて、価値のある人生を積み重ねていきましょう。

取材年月日:
2016年7月12日