115

道央

なまら岩内【岩内町】

町の魅力を発信し、地元事業者と共に盛り上げる!

岩内町出身の「かなっぺ」こと吉田奏見さん(写真:右)と、「みかちゅ」こと藤田美香さん(写真:左)の2人が、町の魅力を発信することを目的に2016年に設立。フェイスブックでの情報発信を中心に、取材先へのポップやステッカーの配置等の活動を展開。

印刷用PDF

きっかけ
 岩内町生まれ、岩内町育ちの私たちは幼なじみで、お互い地元愛に溢れていました。でも、こんなに魅力的な町なのに周囲の人たちはそれに気付いていない!同世代や若い子達は町外に出てしまうし、友人からは「何もない町でしょ」と言われていました。町のおもしろい情報はあちこちに点在しているのですが、繋がっていなかったのです。今のままでは、町の魅力を伝え切れていない!発信できていない!そこで、点在している情報を繋げるような活動をしたいと思い、フェイスブックを立ち上げて、町の様々な情報を発信することにしました。
苦労
 やりたいことしかやっていないので、苦労は全くありません(笑)。起業している訳ではないし、好きな時に好きなことをさせてもらっています。最近、幾つかのメディアで取り上げてもらったので、町での知名度が上がってきており、町内の事業者から「取材してほしい」と言われることも増えてきました。でも私たちは、自分たちの足で取材し、見て体験して感じたことしか投稿しないので、チラシ1枚だけ送ってきて「投稿して」と依頼されるようなことは困りますね。全部自分たちで、体張ってやっているんですから(笑)。
満足度
 なまら岩内を立ち上げたのは、町内に点在する情報を繋げて、町の事業者同士の繋がりを作りたいという思いがあったからです。なまら岩内をきっかけに、同世代の事業者や宿泊施設、観光業の関係者等がざっくばらんに語り合い、問題の解決策を一緒に考えられるようになったことは良かったと思います。そして、事業者の方々に何か還元できるようになれば、嬉しいですね。私たちがフェイスブックに投稿した商品が、ヒットして売れるのは一時的なことですが、それを続けていくことで地元の事業者と一緒に町の観光を盛り上げていくことが、一番の目標です。
これから
 なまら岩内の写真部を立ち上げます!フェイスブックを始めてから地元を離れた同級生と繋がるようになり、その中の一人が写真をやっていることを知りました。そこで、写真を撮影しながら町の魅力を探したり、SNSで上手に投稿できる写真の写し方等を学ぶ場ができればいいなと思ったのです。そして、写真部で撮影した写真の個展を開きたいと考えています。あとは、なまら岩内のリーフレットも作りたいですね。今の情報発信方法は主にSNSですが、SNSになじみのない方々にもなまら岩内の活動を知ってもらいたいと思っています。
  • なまら岩内さんイメージ1
  • なまら岩内さんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

一生はあっという間ですから、好きなことや楽しいことをする方がいいです。1日24時間というのはみんな一緒で、それをなんとなく過ごすのはもったいない!家事や子育てで大変な時こそ、好きなことが息抜きになります。精神的に自立して、自分の時間を持ちましょう。

取材年月日:
2017年6月21日