114

道央

North-Woman【札幌市】

楽しく働き続けるために、つながって笑顔になれる場所を

代表の繁富奈津子さん(右写真:前列右)ら起業女性達が、相互に情報を交換・発信できる場がほしいとの思いから2015年に「働く女性の笑顔がつながるプロジェクト」として設立。現在の中心メンバーは20名程度、道央を中心に全道のメンバーとつながっている。

印刷用PDF

きっかけ
 女性が個人で起業した場合、お金を稼ぐことよりも、「楽しみながら小さな規模で働きたい」「自分の思いを実現したい」という方がいらっしゃると思います。しかし、一般的な起業支援の窓口では、「会社を興して稼がなければいけない」というような難しい話であったり、起業セミナーは夜の時間帯や週末で子連れでは参加できないなど、女性の起業家には利用しづらいと感じていました。また、同じように起業している方と悩みを共有したり、つながって一緒に活動を広げられるような場がほしいと思い、North-Womanを立ち上げました。

 

苦労
 今のところ、苦労より楽しいことの方が多いです(笑)!私たちは、「稼ぐだけではなく、自分のやりたいことで小さく起業するという働き方もある」ということを広めていきたいのですが、「起業」というと、「自立するくらい稼ぐもの」と思っている方が多いようです。North-Womanの活動をご紹介した時に、「この活動をどうやって稼ぎにつなげていくの?」「もっと稼ぐための起業支援を展開しては?」と言われることもありますが、私たちがやりたいことは、そういうことではないのです。少しずつでも、理解してもらえるように活動を続けています。
満足度
 女性同士でつながって何かやりたい、という思いで立ち上げたので、みんなの力が集まって色々な活動ができることを嬉しく思っています。定例会や講演会、ゲストをお迎えしてお話を聞くロールモデルカフェなどを開催し、参加された方が「元気になった」「癒された」と笑顔になってくれると、本当に良かったなと思います。周囲からは「楽しそうだね」と言っていただけて、私たちも本当に楽しく活動させてもらっています。色々な方とのご縁がつながって少しずつ認知度が上がっており、「North-Womanだから」と信頼してもらえるようになってきました。
これから
 働きたい女性を応援したいので、女性が働きやすい環境の整備に力を入れていきたいです。どこか拠点となる場所を決めて、コワーキングスペースや、メンバーが経営するお店の体験を提供できるようにしたいです。また、子どもを預けて安心して働けるように、保育士さんと提携するなどして託児所も確保したいと思っています。さらに、企業や行政と女性をつなげる場も作りたいですね。利用した方が元気になって帰れる場所にしたいのです。今年は、女性の様々な働き方を紹介して体験もできるようなイベントも新たに考えています。
  • NWさんイメージ1
  • NWさんイメージ2

北の☆女性たちへのメッセージ

私たちの合い言葉は、「無理をせずにがんばる」です。楽しくやっていくためには無理をしないこと、そして楽しくないと長くは続きません。できないことは、周囲からサポートを受けて良いのです。応援してくれる人は絶対います。North-Womanは、あなたを応援しています!

取材年月日:
2017年5月25日
(代表の繁富さんからお話をお伺いしました)